茂原市の小児科です。乳児健診/育児相談/栄養相談/予防接種/小児科一般の診療。

三上小児科 千葉県茂原市小林2632-1 TEL 0475-22-7001
クリニック紹介
診療案内
三上小児科医院 医院外観

文字の大きさ
三上小児科医院のホームページへようこそ
当院は、小児科専門医としての小児医療の豊富な経験を通して、茂原市にてこども達の心と体のすこやかな発育を支援する小児科クリニックです。
病気を治すだけでなく、乳児健診,育児相談,栄養相談,予防接種などの
予防医療にも力を入れています。
院内にはトイレ付感染隔離室2室、点滴用個室3室。
待合室は、空気感染の防止目的にて24時間連続空気殺菌装置を用いて、少しでも皆様が安心してお待ち頂けるように努めております。
※診療日、診療時間のチェック及び確認にはホームページの診療案内をご利用下さい。

 

          #178 かぜですか?!

 

 前医で、何と言われましたかと尋ねると、ほとんどの場合「かぜ」とおっしゃいます。下痢のときは「おなかのかぜ」、夏は「夏かぜ」。耳下腺が腫れれば「おたふくかぜ」→これは正解です。すいません!。若い女の子が、何でも「カワイイ」と言っているような感覚なのかな?!なんて思ってしまいます。家庭に帰って、家族の人に『何と言われた?!』と尋ねられたお母さま方は「かぜだってよ!」。そうすると家族全員が「やっぱり、かぜか・・・」と自分のみたて(診断名)と同じであり、重症ではない病気だったことに安堵されている様子が目に浮かびます。大腸炎を例にとって、お話してみましょう。大腸炎という病名は大腸の炎症により下痢を起こしているときに使う病名です。時間的経過に重きを置くと、「急性大腸炎」と「慢性大腸炎」いう病名になります。原因に重きを置くと、ロタウイルス腸炎、ノロウイルス腸炎などという病名になります。この病名をつけるためには、便の検査が必要になります。大腸は、胃→小腸→大腸とつながって存在している臓器なので、両方にまたがっていて、病気の境界を決めにくいことも起こります。吐き気を伴っている場合などでは、「急性大腸炎」→「急性胃腸炎」になることもあります。乳児の下痢の場合は「乳児下痢症」という病名になることもありますが、大人下痢症という病名はありません。「消化不良(症)」という、症状をそのまま表現した便利な病名もありますが、分かりやすい病名ほど認知されやすい反面、病気を深く理解することのブレーキとなるのも事実です。「かぜ」という病名もそういう要素をもっているので、出来るだけ使用しないように心がけて、病気について詳しく説明した後で、「先生、今回はかぜなんですか?!」と言われると心が折れそうになります。

 

                          2019.11.01

            




診療案内  クリニック紹介


三上小児科医院
千葉県茂原市小林2632-1  TEL.0475-22-7001 FAX.0475-22-7002

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます © SetUp Inc病院検索