茂原市の小児科です。乳児健診/育児相談/栄養相談/予防接種/小児科一般の診療。

三上小児科 千葉県茂原市小林2632-1 TEL 0475-22-7001
クリニック紹介
診療案内
三上小児科医院 医院外観

文字の大きさ
三上小児科医院のホームページへようこそ
当院は、小児科専門医としての小児医療の豊富な経験を通して、茂原市にてこども達の心と体のすこやかな発育を支援する小児科クリニックです。
病気を治すだけでなく、乳児健診,育児相談,栄養相談,予防接種などの
予防医療にも力を入れています。
院内にはトイレ付感染隔離室2室、点滴用個室3室。
待合室は、空気感染の防止目的にて24時間連続空気殺菌装置を用いて、少しでも皆様が安心してお待ち頂けるように努めております。
※診療日、診療時間のチェック及び確認にはホームページの診療案内をご利用下さい。

 

          #179 ゾフルーザ

 

 2018年3月に販売開始された夢(?!)の抗インフルエンザ薬ゾフルーザについての評価及び今後の使用法について、今回まとめてみました。インフルエンザウイルスは鼻やノドの粘膜の細胞に入り込んで感染させた後、外に出て周りの細胞を感染させながら、24時間で100万倍に増えると言われています。今までの抗インフルエンザ治療薬は細胞内で増えたウイルスが細胞から外に出て、周りの細胞に感染が広がって行くことを防ぐタイプだったのですが、ゾフルーザは細胞内のウイルスそのものを増殖させない、1回飲むとウイルスを1/10000にするという夢のような薬のはずだったのですが・・・。今回の評価で問題となったのは、ゾフルーザが効きにくいタイプのインフルエンザが予想より多くみられたという点です。特に成人に比べて、小児にその傾向が強くみられました。このまま多くの人が使い続けると(売り上げNO.1)、ゾフルーザが効かないタイプのインフルエンザが蔓延することが危惧されます。日本で流行するインフルエンザは今までの抗インフルエンザ薬で十分効果があり、薬の効きにくいタイプのインフルエンザの頻度は高くないので、ゾフルーザは今までの治療で効果がない時に追加で投与したり、今後新型のインフルエンザの流行した時にとって置きましょうという方針です。使用してはいけないということではなく、中学校以上の児に医師の判断で使用してくださいということです。ゾフルーザは今までの抗インフルエンザ薬とは働く場所が違うので、治療の選択肢が増え、インフルエンザ治療の心強い薬であることには疑いの余地はありません。

 

                          2019.12.01

            




診療案内  クリニック紹介


三上小児科医院
千葉県茂原市小林2632-1  TEL.0475-22-7001 FAX.0475-22-7002

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます © SetUp Inc病院検索