茂原市の小児科です。乳児健診/育児相談/栄養相談/予防接種/小児科一般の診療。

三上小児科 千葉県茂原市小林2632-1 TEL 0475-22-7001
クリニック紹介
診療案内
三上小児科医院 医院外観

三上小児科医院のホームページへようこそ
当院は、小児科専門医としての小児医療の豊富な経験を通して、茂原市にてこども達の心と体のすこやかな発育を支援する小児科クリニックです。
病気を治すだけでなく、乳児健診,育児相談,栄養相談,予防接種などの
予防医療にも力を入れています。
院内にはトイレ付感染隔離室2室、点滴用個室3室。
待合室は、空気感染の防止目的にて24時間連続空気殺菌装置を用いて、少しでも皆様が安心してお待ち頂けるように努めております。
※診療日、診療時間のチェック及び確認にはホームページの診療案内をご利用下さい。

 

               #162 亀頭包皮炎(きとうほうひえん) 

 

 おちんちんの先が赤くはれて、膿が出たり、おしっこのときに痛がります。パンツに黄色のうみが付くことで気づくこともあります。包皮と亀頭の間にバイ菌が入って炎症を起こすことが原因で起こります。年齢の小さなの男の子は包茎(おちんちんの先まで包皮をかぶっている状態)が日本人の場合は普通です。包茎では、おちんちんと包皮の間におしっこのかすがたまりやすく、汚れた手でおちんちんを触るとバイ菌がおちんちんと包皮の間に入り、炎症を起こすことがあるのです。先端の部位に抗生物質の軟膏を塗り、抗生物質を飲むと数日で治りますが、くり返しやすい傾向があります。小学生以下の子供に多くみられ、中学生以上になると減少してきます。小さい子供は、『いじってはいけない』と言われると余計にいじりたくなるものです。触るなというのではなく、お風呂に入ったときに、「おちんちんはきれいにしておいた方がいいんだよ」「汚い手で触ると痛くなることがあるんだよ」などと、おちんちんの先の空気に触れる部位を中心に洗いながら話してみてください。包茎を気にして大人が無理に皮を剥ごうとしたり、必要以上に皮の間を洗うことが原因でなることもあります。子供におちんちんを触らせないようにすること自体むずかしいので、爪をきれいに切り、手をよく洗うことによって予防することも大切です。                        

 

                                                                   2018.7.01           




診療案内  クリニック紹介


三上小児科医院
千葉県茂原市小林2632-1  TEL.0475-22-7001 FAX.0475-22-7002

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます © SetUp Inc病院検索