茂原市の小児科です。乳児健診/育児相談/栄養相談/予防接種/小児科一般の診療。

三上小児科 千葉県茂原市小林2632-1 TEL 0475-22-7001
クリニック紹介
診療案内
三上小児科医院 医院外観

文字の大きさ
三上小児科医院のホームページへようこそ
当院は、小児科専門医としての小児医療の豊富な経験を通して、茂原市にてこども達の心と体のすこやかな発育を支援する小児科クリニックです。
病気を治すだけでなく、乳児健診,育児相談,栄養相談,予防接種などの
予防医療にも力を入れています。
院内にはトイレ付感染隔離室2室、点滴用個室3室。
待合室は、空気感染の防止目的にて24時間連続空気殺菌装置を用いて、少しでも皆様が安心してお待ち頂けるように努めております。
※診療日、診療時間のチェック及び確認にはホームページの診療案内をご利用下さい。

 

         #181 アカスリは是か非か?!


 今から50年前には、日本では「アレルギー」はほとんどありませんでしたが、現在では国民の3人に1人が何らかのアレルギーを持っていると言われています。私達の体には細菌やウィルスなどの体にとって都合の悪いものが外から侵入したときに、これらを排除しようとするしくみがあります。そのうちの1つが免疫反応ですが、「アレルギー」とはこの免疫反応が過剰になり、さほど害のない異物に対しても反応してしまうことを言います。工業化・文明化の中の何がいけなかったのかを反省して、その原因を探し出すことは大切なことです。今、その1つが分かってきました。皮膚のバリア機能の重要性です。皮膚にはバリア機能があり、たとえバイ菌が付着しても体の中に入らないように免疫が働きます。しかし、皮膚が傷ついている場合にはバリア機能が低下しているため、感染やアレルギーなどが起こります。皮膚は外界と体の最前線にある為、アレルギーの原因物質の取り込みや反応を起こしやすい場所でもあるのです。水田と畑の違いは何ですか。水田は水を貯めて稲を作る。水を貯めるためには、土の表面に粘土質のバリアがあります。このバリアが外界と内側とを遮断し、内側のものが外に出て行かないように、外側のものが中に入って来ないようにしてくれているのです。文明は見かけ上の美を追究するために、清潔と称して石けんなどの洗浄剤やナイロンタオルで毎日こすりあげて、ピカピカに磨きあげることを良しとしてきました。水田の粘土質をこすりあげて、限りなく畑に近い皮膚にしているのです。その部分のバリア機能が低下し、失われてきた結果がさまざまなアレルギーの原因になっていることが分かってきたのです。

                            2020.2.01

            




診療案内  クリニック紹介


三上小児科医院
千葉県茂原市小林2632-1  TEL.0475-22-7001 FAX.0475-22-7002

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます © SetUp Inc病院検索